特集【ポエム集!】①:皆さんが元気の出るような励みのポエムを載せています。ポエム集はこちら

紫陽花の色は【七変化】!!

環境
この記事は約2分で読めます。

はじめに

皆さん、こんにちは。今は紫陽花の季節で、沢山の方がTwitterに紫陽花の写真や動画を投稿してくださっていますね。
私もいつも楽しませて頂いています。今日はその紫陽花をテーマにしたお話です。

世の中のふしぎ400の本の中から紹介したいと思います。

紫陽花の花の色を決めるのは土!

花の色は色素とアルミニウムの量で変わる

6~7月にかけて梅雨の時に咲く紫陽花は別名「七変化」とも言われている。青・青紫・赤紫・赤・黄・白・白味を帯びた緑、等々。

紫陽花の花の色は花に含まれるアントシアニンという色素と紫陽花の花自身が水と一緒に土から吸収したアルミニウムの量で決まる。

酸性の土はアルミニウムの量が多いため花はくなり、アルカリ性の土はアルミニウムの量が少ないため花はくなる。

土の中に含まれるアルミニウムを吸収することによって、様々な色に変化するのね。

吸い込んだアルミニウムの量によって微妙に色合いが変わるので、それで紫陽花には様々な風合いの色味があるのが分かったわ。

同じ茎なのに花の色が違う!?

紫陽花は同じ一本の茎から色の違う花が咲いている事がある。これは根が広がっている場所によって土の酸性、アルカリ性が違っていることが原因のようです。

ちなみに、紫陽花は周りの綺麗な花びらのような所が、実は額で中の小さいポツポツした固まりの部分が花との事。見た目は、そう思えないですけれどね。
 

まとめ

Twitterでは若い方から年配の方まで沢山の方々が地球上の様々な写真や動画を投稿して下さり、大勢の方達が癒され、元気を取り戻し希望を持って日々頑張ることが出来るのだと思います。私自身も勇気づけられ、励まされて居ります。

撮影の際には様々なご苦労がお有りかと思いますが、皆様には本当に心から感謝して居ります。ありがとうございます。

環境
スポンサーリンク
カズばあちゃんをシェアする
カズばあちゃんをフォローする
冒険・探検・謎に挑戦!!(カズばあちゃんのひとり言)
トップへ戻る