特集【ポエム集!】①:皆さんが元気の出るような励みのポエムを載せています。ポエム集はこちら

宇宙服の活躍!!

宇宙
この記事は約2分で読めます。

宇宙服は小さな宇宙船!

さぁ!今日は宇宙服の話をしようかな。″世の中のふしぎ400″の本の中に宇宙服の話が載っていたよ。

宇宙服の機能

〔宇宙服の機能別〕
  • カメラ船内の人が船外活動をしている人の視野を確認することができる。
  • ヘルメット…太陽からの強い光から目を守る為、全てゴールドでコーティングされている。
  • グローブ…細かい作業がしやすいようにシリコーンゴムで、できている。
  • ブーツ…内部に衝撃吸収材が入っていて着地した時の体への負担を減らしている。
  • ライト…内蔵バッテリーで4灯のランプを点灯できる。
  • 生命維持装置…呼吸によって出た二酸化炭素を取り除き、酸素を供給する等、人間に必要な環境を整える。
  • バッテリー…6~8時間程度の船外活動を可能にする。
  • 冷却下着…長さ100mものチューブを縫い込んだ下着で、チューブに水を流して体温の上昇を防ぐ。

宇宙服は14層からできていて寒さに耐えられるように指先にはヒータが入っている。

宇宙服の内側は冷却の為の層が重なっていて外側は耐熱やほんの小さな石から守る層になっている。

きびしい宇宙空間の環境から身を守る

人が月面着陸に成功できたのは宇宙服を開発したから。宇宙船内部は酸素もあり、温度も調節されているので、普段着のような服装で活動できる。

驚き!!

でも宇宙空間には空気がほとんど無く、日かげと日なたの温度差は200度以上ある。

その上、宇宙は多くの放射線やチリが飛び交っていて、様々な危険がある。こうした環境で活動する宇宙飛行士を守る為に宇宙服が活躍しているとの事。

子供の頃から宇宙服には憧れがあったけど、ただ単にカッコいい!という感じ。
でも成長するにつれ、又、SF洋画等から、覚えた知識なんかもあって益々宇宙服には関心が深くなっていったよ。

スペースシャトル引退の理由

スペースシャトル打ち上げ費用

アメリカが開発した宇宙服の値段はアセンブリといわれる本体と生命維持装置を合わせると約10億5000万円!スペースシャトル打ち上げにかかるお金は約450億円!。

打ち上げに備えて行うチェックにも莫大なお金がかかることや機体が古くなったことから、アメリカはスペースシャトルを引退させることにしたみたいね。

宇宙に旅立つ夢の話もやっぱり先立つものは”お金”なんだね。もっと沢山の人が気軽に実現できる日はいつ来るのだろう。でもみんなには夢と希望を持ち続けていてほしい。

引用:世の中のふしぎ400(東京理科大学栄誉教授藤嶋昭先生監修)より

宇宙
スポンサーリンク
カズばあちゃんをシェアする
カズばあちゃんをフォローする
冒険・探検・謎に挑戦!!(カズばあちゃんのひとり言)
トップへ戻る