特集【ポエム集!】①:皆さんが元気の出るような励みのポエムを載せています。ポエム集はこちら

世界ミステリー遺産(後編)!

世界ミステリー遺産
この記事は約6分で読めます。

後編の内容

謎解きの旅、後編の始まりだよ!

イタリア・スロベニア・ギリシャ・約2.300キロ、7日間の旅

《ボストイナの岩窟の城(岩に食い込む奇怪な城)》

『オーッ!』と亮平さんの驚きの声。

崖の中腹、白いお城が岩と一体化。お城の名前は『ブレドヤーマ城』。800年前、16世紀にオーストリアが支配、難攻不落の城。岩とぬかるみで足元があぶない!亮平さんが転んだ!足場がキケン!

亮平さん大丈夫かな~!

レンガ造りの城、壁の紋章を見つけて『かっこいい!』と亮平さん。ガイド歴15年のベテラン女性の案内で奥へ奥へと進む。

《守りやすい城》

敵に知られずに行き来し、食料等を運ぶ事ができる秘密の通路がある。

前編にもあったけど、やっぱり昔は秘密の通路って、どこにでもあるね。

外からの冷たい空気で食糧を保存できる。

天然の冷蔵庫だね。

城の中はルネッサンス造り

天然の岩と、人工的に作った漆喰の壁が、独特のバランスでステキ!

中でしっかりと生活できるので、籠城ろうじょうしやすい。調理場や武器作業場等がある。一番奥の高い所に秘密の通路があって、今回初めて日本のカメラが入った。

狭くて垂直に続いている暗闇の洞窟。なんと37mの高さを登り切って外に出る。狭くて岩だらけ!とてもキケン!

カメラマンも入れないので亮平さんがカメラを持って一人で昇って行く。見ている私もハラハラ。一定の所でストップ!それ以上はキケンで断念!

上に登る通路って、初めて知ってビックリしたよ。しかもキケンすぎる~。

『この瞬間でしばらく余韻に浸っていたい』と昇る体勢のままの亮平さん。他に類を見ない山城!!

《スロベニアは洞窟大国》

亮平さん、鍾乳洞の世界は初めてとの事で場所を変えて、いざ鍾乳洞へGO!

亮平さん、トロッコではしゃいでいる。楽しそう!

大きな石筍せきじゅん!!

石のタケノコみたい!

沢山の鍾乳石、まるで宮殿の大広間。カルスト台地(石灰岩)

50万年の時を越えてスロベニア最大の鍾乳洞ができた。しずくが1mm積もるのに40年かかる。石灰質が豊富(白い洞窟)白いブリリアントベージュの柱、2つ並んで対照的な、まるで彫刻みたい。

家庭料理

(ヨタ)…ソーセージ、じゃがいも、キャベツ等の煮込み(ポレンタ)…とうもろこし『日本で食べるより素朴な味がする』と亮平さん。

《「ボンファイヤー」年に一度のお祭り》

山の上で焚火を囲んで皆で歌い明かす。スロベニアの音楽(アコーディオンの伴奏)標高の高い村での楽しみ。

歌、楽器、焚火、花火等、素朴で私の子供の頃を思い出したよ。

《亮平旅日記より》

プレドヤーマ城からポストイナ鍾乳洞どちらも文句無しのミステリー遺産だった。人と物と自然が融合した絶景と圧倒的な自然の造形。まだ日本では観光地として知名度は高くないけれど、これからはどんどん人気が高まって行く事だろう。との事。

亮平さんの絵、相変わらず『すごくうまい!』特徴をとらえていてわかりやすいわ~。

《ギリシャ、アテネ。謎の船が横たわるビーチ》

ザキントス島(旅6日目)空、雲、海の色が鮮やか

『ギリシャ日和』って亮平さんの新語!?

ナヴァイオビーチ」にいよいよ出発!

みどり、岩肌、紺碧の海、船でしか行けない場所周りは岩に囲まれ、砂浜に横たわるサビついた難破船。

ナヴァイオビーチ(昔、密輸船がシケで打ち上げられた)座礁ざしょうした密輸船「パナヨティス号」ボロボロの船のすき間から青い海を写真におさめる亮平さん。

詩的感覚があるなぁ~。

砂浜に寝転ぶ亮平さん!

昔、そこに砂が集まり、ビーチになった所だね。

《「ポリカロ」網で焼いた魚》

美味しそうで、よだれが出そうだったよ。

島の可愛らしいモダンな家に宿泊。オリーブの木が生活の全て、家族のように大切な存在。

イカに詰め物をしてハーブとオリーブオイルで丸焼き。『シンプルで最高のバランス』と亮平さん。

地中海料理、満足そう。

ザキントス島(別名:うたの島)

ブズーキという弦楽器を使ってステキなコーラス!難破船によって観光客が来るようになり島が栄えた。

超!絶景!

ナヴァイオビーチの絶景……岬の先端に立つと難破船の絶景が上から一望できる。

高くて怖いけど、額縁から抜け出した名画のよう!

《亮平さんの言葉》

最終目的地ギリシャへ。

太陽が!海が!そして人が明るい!ナヴァイオビーチはこの世のものとは思えない程の美しさ。

あの瞬間は一生忘れられないだろう。ひょうきん者のディミトリスが島の魅力について語るときだけに見せる真剣な顔が美しく、この島全てが語っているような気がした。ギリシャ、ケファロニア島の青の地底湖、メリッサ洞窟。

まだ世界遺産になっていないので、穢れけがれのない海水に太陽が当たって作られる神秘的な青さ。泳いでいるウナギが『神々こうごうしい』と亮平さん。

亮平さんの絵、雰囲気を捉えていて見る者に感動が伝わる素晴らしい絵ですね。
亮平さんの注目の一言

『世界ミステリー遺産…誰が見ても美しい』としみじみ語る亮平さんでした。

夢のようなステキな旅をありがとう!!また観ることが出来て感謝です。

世界ミステリー遺産(前編)! はこちらで語ってます。

世界ミステリー遺産(前編)!
まるで一緒に旅をしているかのような楽しさを伝えてくれる鈴木亮平さんの人柄が、弾む心と同時に伝わって来ました。「世界ミステリー遺産・鈴木亮平・イタリア旅」(前編)について語っています。
鈴木亮平『【ミステリー遺産後編】スロベニアからギリシャへ』
いやー暑いですねー!セミも、さぁ梅雨が明けたぜこっちのもんだとばかりにミンミンミンミン鳴きじゃくりこれこれ夏ってこれだよね感たっぷりの2015年サマー、Neu…

ブルーのアンダーライン箇所(出典: フリー百科事典:Wikipedia)より

世界ミステリー遺産
スポンサーリンク
カズばあちゃんをシェアする
カズばあちゃんをフォローする
冒険・探検・謎に挑戦!!(カズばあちゃんのひとり言)
トップへ戻る